更年期のウラの裏【中高年に人気のプラセンタでホルモン補充】

薬

原因不明の耳鳴り

耳鳴りは自分でも経験しましたが、精神的なストレスや肉体的な疲れに起因していることが多いため、耳鼻科ですぐに治るというわけでは無いようです。日々の生活を見直し、耳鼻科の先生に相談してみあるのが良いと思われます。

Read More...

認知症対策

認知症対策のサプリメントは、認知症の症状を改善したり、進行を遅らせることができる有効成分が配合されたサプリです。サプリメントを飲むだけで介護レベルを下げることも可能です。認知症予防にも効果があります。

Read More...

効果的な注射

細胞を活性化させることで症状を緩和

更年期障害の治療は、ホルモン補充療法でおこなわれることが多いですが、昨今ではプラセンタ注射もおこなわれるようになっています。 プラセンタは、化粧品やサプリメントなどに配合されていることで知られている、アンチエイジング効果のある美容成分です。なぜこれが更年期障害の治療に有効なのかというと、元々は動物の胎盤内で、胎児の細胞分裂を促すために使われている栄養分だからです。更年期障害は、卵巣を中心に様々な機能が低下することで生じる体調不良なので、細胞を活性化させることで症状が緩和されるようになるのです。 プラセンタ注射は、婦人科や美容外科などで受けることができますし、更年期障害の治療が目的ですから健康保険適用となります。したがって注射の料金は、3割負担の場合で数百円となっています。

プラセンタ注射における注意点

プラセンタ注射は、体内に直接プラセンタを注入するわけですから、化粧品やサプリメントよりもスピーディに作用するという点がメリットです。しかしその分、代謝によって体外に排出されるのも早いので、効果を持続させるにはこまめに注射してもらう必要があります。具体的には、1週間に1〜2回ほど注射することが必要なので、更年期障害の症状を抑え続けるためには、通院の手間も費用も継続的にかかるということになります。 また、動物由来のプラセンタが注射されることになるため、その動物が病原菌を持っていた場合、それも一緒に注入されることになります。プラセンタ注射によって感染症を発症する可能性は極めて低いのですが、念のために注射後は献血をしてはいけない決まりになっています。 こういった点に注意する必要があるものの、手軽に更年期障害の症状を緩和させることができるため、多くの人が定期的にプラセンタ注射を受けています。

更年期に訪れる障害

更年期障害は中高年に多いのですが、現在では若年性の更年期障害に陥ってしまう方も少なくありません。生活習慣の乱れやダイエットによってホルモンバランスが崩れてしまい障害が発症してしまうことがありますので注意しましょう。

Read More...